風と夜空と氷の国
優しい風と、極光の夜空。彼等が住まうは、氷の国
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失踪HOLIDAY レビュー
2009年01月13日 (火) 02:26 | 編集
失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)
(2000/12)
乙一

商品詳細を見る

<対象>
12歳以上
<五段階評価>
・面白さ   ★★★★★
・読み易さ ★★★★
・文章力  ★★★★★
・深み    ★★★★
・総合    ★★★★★
失踪HOLIDAYでは、一部先を読む事に成功した。
私も少しばかり成長したのかもしれない。

集英社の方はひとまず置いて、スニーカーに手をつけてみた。
こちらはラノベ扱いなので、挿絵が入る。
おかげで登場人物を想像しやすくて、大変助かりました。

まずは「しあわせは子猫のかたち」。
幽霊との不思議なやり取りのお話でした。
決して交わらない、平行線上の関係。
そこに生じる温もりに、ちょっぴり切なくなります。

次の「失踪HOLIDAY」は少々長めの作品でした。
子供時代の複雑な感情が、ちょいと悪知恵の働いてしまったが為に大事にしてやったぜ、的な小説でした。
軽いノリで書きましたが、本文も割と軽いノリで書かれていたからであって、私の所為でそうなったというワケではありません。
いや、もう、これは断じてそういうワケではないのである。
主人公の菅原ナオが家出をして、その後、紆余曲折を経て自分を誘拐するというお話。
詳しく書くとえらく長くなってしまう、且つネタバレしそうなので、買って読んでみてください(´-)y―~~
とりあえず、使用人であるクニコさんのんきさとドジっ子属性に萌えたんですが、さて。(ぉ
もちろん、ドジっ子属性だけが私のツボだというわけではない。
いや、もう、これは断じてそういうワケではないのである。

それと、あとがきも面白かった。
曰く、「乙一は面白いあとがきを書く」という。
まったくその通りである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今回は忘れずに、コメントさせていただきますね。
トラックバックお待ちしていま~す。
2009/05/06(水) 16:17 | URL | 藍色 #-[編集]
はい、報告ありがとうございます。
ではこちらもトラバさせてもらいます~。
2009/05/06(水) 16:31 | URL | ギン #Z5pQUshY[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
14歳の冬休み、わたしはいなくなった―。 大金持ちのひとり娘ナオはママハハとの大喧嘩のすえ、衝動的に家出。 となりの建物で こっそり...
2009/05/06(水) 16:07 | 粋な提案
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。